山下 千春 (やました ちはる)

息子が中学生の時に離婚して、そのあと二人で生活してきましたが、その息子も一人暮らしを始めて手がかからなってますし、子育てとしては一段落ついているので、マザーサポート講座ときいても最初は他人事のように思っていました。

なので受講を決めた理由は、ただただ仲間に入りたくてというかなり不純な動機でした。
 
すでにより深い内容のオープンセルフ講座を受講していたのですが、その入り口になるような惜しげもない講座内容に、心からお母さんの元気が日本の元気につながるという思いの下でこの講座があるのだと実感しました。
 
「何が食べたい」という問いに「なんでもいい」と答えていることに何の疑問も感じず
それが謙虚でいい人だと思い込んでいました。

でもそれが
自分のことを見てあげていない=自己承認が出来ていない
ということに気づくいて腑に落とすまでに、かなり時間がかかりました。

いつも謙虚なフリして卑屈になっていた私。
いつも自分ばかり損していると不平不満を口にしていた私。


私なんかが話すこと、誰も聞きたくないよね。
私なんかが勧めるもの、誰も欲しいと思わないよね。
私なんかがやってること、誰も興味ないよね。


…etc.

着てる服が黒色ばかり。

「でも」「だって」「しょうがない」

とやらない理由ばかり並べて変えようとしなかった暗黒の時期もありました。

そんな私が、やりたい!好き!を言えるようになりました。
言ってみたら応援してくれる仲間がいることにきづきました。
近くにたくさんいてくれたのに、発信してないから気づいてもらえない。そんな当たり前のことも教わりました。
今のクローゼットはとても華やかです。

そして、今は大好きな歌をうたっています。
『たくさんの人を感動に巻き込む歌い手』を目指して活動中。

今までの私なら、年齢や容姿や下手さを言い訳にして絶対に言えなかったことです。
そんな私でも、自分の好きに気づいてあげて、勇気を出して言ってみたことで活動の場が広がりました。

石橋を叩いても渡らなかった私が、随分と行動的になりました。

子どもの私を、時には手を引いて、時には背中を押してくれる
お母さんのように教育してくれた講座との出逢いに感謝です。

その感謝への恩返しができるように全力でサポートさせていただきます。

↓講座のお申込みはこちらからどうぞ!

前の記事

冨士野 未来 (ふじの みき)

次の記事

齋 香織 (さい かおり)