上田 可奈子 (うえだ かなこ)

高校生の息子がいるシングルマザーです。
エステと脳洗浄®︎の国際認定セラピスト・講師をしています。
私は介護職員として約9年働いていましたが、思い切って退職。

好きな事をして生きていきたい!

と強く思い、エステと脳洗浄®︎の国際認定セラピスト/講師として起業しました。

21歳で結婚、出産し25歳で離婚。
そこからは息子が小さい間はアルバイトで生計をたて
息子が小学校高学年からは介護正職員として夜勤もやりながら働いていました。

とにかく毎日時間に追われて
時間とお金と気持ちに余裕がなかった毎日が数年続いていました。

そんな中とあるミセスコンテストのファイナリストととして
これまでの人生とは無縁のミセスコンテストに挑戦する事になりました。

そこで知り合ったファイナリスト仲間に、マザサポの講座を一足先にうけていた方がいて、その方の変化や体感を聞いていたらいてもたってもいられなくなり、私もマザサポ講座を受ける事にしました。

これまで特に子育ての悩みもなく、シングルマザーの私が子育てしてる割には息子に手がかからず特に困り事もなく何とかやってこれていたので、マザサポという言葉にもその時はあまりピンときませんでした。

マザサポを受けてみて、自分の事を知る事がものすごく恐怖でした。

なぜなら私は今まで自分と向き合う事を避けてきたからです。

自分を深掘りしてくことで自分のダメな部分ばっかり出てきてますます自信を無くすんじゃないかと、ダメ人間判定を受けるみたいで怖かったです。

しかし、終わってみると全然怖い事はなくもちろんダメ人間判定をされる訳もなく、心がスーッと楽になり、色々な物事をスムーズに手放したり、決断ができ何かワクワクしました。それはまるで何か人生をうまく生きる武器を手に入れたようでした。

私は息子の小学校でも中学校でもママ友はいませんでした。

マザサポリードプロを取得した事により、私のように早く子どもを生んだり、シングルマザーで仕事ばかりでなかなか他のママさんと交流を持てないママさんに何かできたらいいな、何かのカタチで寄り添いたいと思いました。

たくさんのマザサポ仲間ができて今まで知り合った事がない人間関係も広がりました。

みんなキラキラしておりエネルギーに満ち溢れているので、私も自分のやりたい事が明確になり、介護の仕事を辞めて自分のやりたい今したいことを選んで生きると決意できました。

↓講座のお申込みはこちらからどうぞ!

前の記事

南 加世子 (みなみ かよこ)

次の記事

浦 里香 (うら りか)