山田 さくら (やまだ さくら)

講座紹介

マザーサポート講師

マザーサポート講師

名前

山田 さくら (やまだ さくら)

出身地、在住場所

岡山県倉敷市出身
愛知県名古屋市在住

なぜマザーサポート講座を受けようと思ったか
また、受けた後、どんな変化があったか

20才で結婚。
しかし、家族間のすれ違いやストレス、様々な場面で「私さえ我慢すれば」とその場その場をやり過ごしていた結果、家を火事で失くし夫は娘2人を連れて実家に帰り離婚が成立しました。

その後、ご縁あって知り合った男性の方との間に娘を授かりました。
しかし、私が身籠ると『子どもは要らん!降ろせ』と暴力が段々酷くなっていきました。

我慢するか?逃げるか?果たして逃げ切れるのか?
朝目覚めると、「生きてる」「まだ生きてる」と思う毎日。

そして2011年、ついに暴力的な日常からの脱出を試みます。

病院保護、警察保護、シェルター保護そして、母子支援施設に入る事が出来て
私と娘の命は繋がりました。

この経験から、2015年に母子施設・児童施設への物資支援ボランティアを開始します。

自立しようと頑張るママ達の為に、子ども達の為に応援したい!
喜んでもらえて嬉しい!と自分の価値をボランティアする事で感じていました。

しかし、年月が経ちそのボランティアの活動にも私自身が違和感を覚え始めていました。

2020年マザーサポート講座を受けた事で、全てが人の為で、自分自身に我慢ばかりさせていた事、我慢する事が良いことだと思い込んでいたことに気づきました。
気づいた事で、どんな自分も認め、褒められるようになりました。
頑張る事、我慢する事を当たり前としていた自分が穏やかに楽に過ごせるようになりました。

マザーサポート講座の講師をすることで、頑張る毎日が生きやすく楽しい毎日になることをたくさんの方にお届けしたいと思います。

マザサポ講師

前の記事

小森 直子(コモリ ナオコ)

次の記事

額田 美智子(ヌカダ ミチコ)