伊能 ひさこ (いのう ひさこ)

コロナ禍の中、待望の子どもを授かることができ心配や不安は多くありましたが、無事に出産。
子どもを産んだ後は、楽しい毎日が待っている!と思っていましたが

現実は全くそうではありませんでした。
コロナ禍で外出もままならず、夫が仕事に出かけた後は赤ちゃんの娘と2人きり。

なんで娘が泣き止まないのか…

これまで、仕事一本でバリバリやってきたため誰かに聞くということも
プライドが邪魔をして聞けず…

あんなに「母」になりたかったのにいざ娘が産まれたら

可愛いと思えないなんて母親失格なのでは…

社会から隔絶された閉塞感と、誰かに会って相談することもできない孤独感とで
今思えば、産後ウツの一歩手前のような状態でした。

そんな中、同僚の先輩ママRさんがとても楽しそうに育児をしていることを知り、

「なんで、あんなに楽しそうに子育てができるんだろう?」

と不思議で仕方なく、聞いてみたところ、そこで「マザーサポート講座」のことを教えてもらいました。

受講してみて、まず感じたことは、育児ノウハウの講座かと思っていましたが
内容は、予想と全く違い、子育てをする私たちママのための講座だったのです。

これまでは、母親なんだから、もっと頑張れて当たり前!
子どものことが最優先、自分のことは後回し!
と、無意識に思っていたことにも講座のおかげで気付くことができました。

いつのまにか自分をないがしろにしてしまっていたこと
それを無意識に不満に思ってイライラしていたことにも気が付くことができ
少しずつ、自分を大事にすること、自分の声を聞いてあげることができるようになり、
今では、本当に子育てが楽しくなりました!

肩肘を張らなくていいって、こんなに楽なんだ!
もっと早く、妊娠中に知りたかった!とも思いました。

その後、私と同じように悩んでいるママへ一人でも多くお伝えしたい!と思い
リードプロ講師の資格取得をしました。

講師として活動するようになってからの方が
「相手へ伝える」という意識で行動するようになったので、
マザーサポートの学びがより浸透して、子育てに限らず、日常生活や夫婦関係も
以前より良好に、楽しいものへと変化しています。

↓伊能ひさこさんが開催する講座のお申込みはこちらからどうぞ!

前の記事

加藤 朱実 (かとう あけみ)

次の記事

山田 さくら (やまだ さくら)